myprince is … (❤︎)

錦戸亮くんと神宮寺勇太くんとジャニーズと。

王子様は誰なんだろう

はじめまして。

唐突にはてなブログを開設。


なんで開設したかというと

あれ、わたし担降りしてる…?と

自分の中で疑問に思うことが

たくさんでてきたからだ。



わたしのジャニーズ歴はというと、2007年に友人の勧めでザ少年倶楽部をみたことがきっかけでジャニーズ沼にどんどん落ちていった。そのころはJ.J.Expressの伊野尾慧くん(現Hey!Say!JUMP)にハマっていて、勧めてくれた友人をはじめ周りもジャニーズJr.が好きだったから毎日楽しく応援していた。

そんななか、7月に少クラで大阪スペシャルが放送されて、初めて関ジャニ∞を知ることになった。その中でも出てきた瞬間、この金髪の人かってこいい…と一目惚れしてしまったのが錦戸亮くん。


f:id:mpry:20170623201124j:plain


錦戸亮くんのことは前から知っていた。1リットルの涙アテンションプリーズなどのドラマをみて、錦戸亮ってかっこいいんだな〜と思っていたからだ。だが、歌ったり踊ったりしている彼を見るのは初めてで、一瞬で彼の虜となった。ちなみに初めてみる関ジャニ∞はどこがかっこいいんだろうという印象だった。錦戸亮くんを追っていくうちに彼らの素敵なところや大好きなところ、普段はおちゃらけているのにバンドでみせる格好良さに惹かれてそれから約10年間、eighterとして彼らを追いかけ続けている。

初めて行ったコンサートは2008年。2009年は諸事情で行けなかったが、2010年から毎年地元のコンサートにお邪魔させてもらっている。時にはスタンド最前で、時にはスタンド最後列で。一生貰えることがないだろうと思っていたファンサをもらったときは本当にドキドキしたし、これから先も彼とともに歩み続け、大人になっていくのだろうなと感じた。それを信じて疑っていなかった。


話は変わるが、友だちが少ないわたしだが、学校生活を送る中で大好きな友だちができた。その中の1人がAだ。Aはもともと嵐担だったが、SexyZoneがデビューしたのをきっかけに中島健人へと降りた。もともとジャニーズは好きだったし、錦戸亮と出会わせてくれた少クラはそれからも大好きな番組で毎週(?)かかさずみていたが、Aがセクゾを好きになってからは、一緒にみたり出てくるジュニアについてあーでもない、こーでもないと語っていた。


そんな中でセクゾが地元でコンサートを開催することとなり、軽い気持ちで参戦することとなった。そこで出会ったのがバックについていた神宮寺勇太くん。

f:id:mpry:20170623202805j:plain

ヤケクソに「ラブ!ケンティー!」と叫んでいたのを今でも覚えている。

そのころにはもう錦戸担ですといっていたし、(失礼な話だが)セクゾにもジュニアにも興味がなく、楽しいコンサートだったな!という感想しかもっていなかった。

その後の少クラでは時がたつにつれチャラく(?)調子に乗ってる神宮寺くんをみて、神宮寺だけはないよな〜と思っていた。ところがどっこい、どんどんイケ化してくる神宮寺勇太くんをみて、あれ、わたし神宮寺勇太推せるぞ…?と思いはじめたのが2015年のはじめ。ちなみにセクゾ魂には何度かお邪魔させてもらっていて、その年の春のコンサートでは神宮寺勇太くん目的でうちわまで作りコンサートにお邪魔している。

錦戸亮くんが好きな手前、神宮寺勇太くんが好きと大きな声でいえず、陰ながら応援をしていくことを決めたのは2016年のセクゾ魂。なんと彼に会いたくて遠征までしてしまった。


錦戸亮のことは世界で1番好きだ。今でも自信を持って言える。今年の夏も各地へ遠征したくさん会いにいくつもりだ。

神宮寺勇太にはこれからたくさん頑張ってもらいたい。彼がデビューする姿を応援してあげたい。そんな彼にいつもトキメキをもらっている。


なぜわたしがこんなに悩んでいるのかというと、“担降り”“掛け持ち”という定義についてだ。実は関ジャニ∞が全国的にも有名になったころに「わたしの好きだった関ジャニ∞じゃなくなった」とオタ卒をしたことがあるのだ。オタ卒をしてからも前ほどではないがテレビは追っていたし、コンサートがあれば行ったりしていたが、その約1年の期間をとても後悔している。だから後悔しないためにも、これからオタ卒はしない、錦戸亮と生きていくと決めた。掛け持ちは昔周りに掛け持ちをしてる人がいて、結局どっちも好きってことはわかるんだけど…言葉で言い表せない心のモヤモヤがあり、自分は絶対に掛け持ちしないと思っている。

Aに相談すると、「お前神宮寺勇太に降りてるじゃねえかwwww最近神宮寺勇太の話しかしねえぞwwww」と。確かに今ワクワクさせてくれるのは神宮寺勇太だ。けれども錦戸亮をみると好きが溢れて泣けてくる。



読み返してみると結局はどっちも好きなんだと思う。もう"掛け持ち”という状態だ。

それに踏み切れないのは、自分が10年追い続けてきたというプライドや、eighterの友だちに嫌われたくなかったり、神宮寺勇太のファンの子の年齢層が若いことだったりと、ただただ自分が邪魔をしているだけなのだと思う。


自分の思っていることを書き連ねることで自分の気持ちを整理できたらいいなあ。

掛け持ちしている人の気持ち、担降りしたのはどんなきっかけなのかわかることができて、将来自分がスッキリして誰かを応援できるようになれたらいいけど。